安全な援助交際の流れとおすすめ援交サイト

援助交際をしたいと思ってもやはりダーティーなイメージがあり、トラブルに巻き込まれるのでは?と不安になってなかなか踏み出せないという方は多いものです。

魅力的ではあったとしても、不安の方が勝ってしまえば一歩を踏み出す勇気が出てこないのは当然でしょう。こういった心理状態になってしまうのは、実際に行われている援助交際の実態を把握していないから。つまりは情報不足の状態にあるからです。

正確な情報を把握しておき、考えられるリスクなどを掴んでおけば、無駄に怖がることは一切ありません。

援助交際に対してのさまざまな疑問があると思いますが、違法ではないのか、実際に行う場合の流れ、援助交際相手の探し方。人気の援助交際掲示板サイトなどを紹介していきましょう。

目次

援助交際に違法性はあるのか?

まず援助交際における疑問の代表格として、援助交際を行うのは違法行為ではないか?という疑問を持たれている方は多いもの。

日本には未成年者や児童にカテゴライズされる人間を守るための法律や条例などが存在しています。援助交際には違法性があるのかないのか。

18歳未満の女の子との援助交際は犯罪です。

援助交際の違法性についてですが、結論からいえば相手が18歳以上なのか18歳未満なのかで全く状況が変わってきます。18歳未満は「児童」とカテゴライズされ、社会が彼らを守る必要があります。

このため18歳未満と性行為などを行った場合には、違法になる可能性が高いです。金銭の授受がなかった場合でも、長野県以外の都道府県の場合には、「青少年保護育成条例違反」となり、2年以下の懲役刑か100万円以下の罰金刑に処されます。

金銭を与えて性行為を行った場合であれば、児童買春に問われる可能性が高くなります。「児童買春・児童ポルノ禁止法」が適用されることになり、5年以下の懲役刑か300万円以下の罰金刑に処されることになるでしょう。

このように18歳未満の男女と性行為をした場合、金銭の授受があろうとなかろうと、児童買春・児童ポルノ法か青少年保護育成条例によって、何かしらの処罰を受ける可能性が高いということです。

つまり違法行為かどうかの判断としては、相手が「18歳未満」であるか否かを性行為に及ぶ前に絶対に確認しておくことが重要になります。

相手の女性が18歳以上の場合は基本的には罰則はありません。

一方で18歳以上の男女が性行為を行ったとしても、何ら処罰をされることはありません。お金を支払った対価に性行為をするといった行為そのものは売春防止法によって禁止行為ではあるものの、「罰則規定がない」というのが現状です。

つまり違法行為ではあるものの、逮捕はされない状況にあるということ。そもそも金銭の授受がなく自由恋愛だと言ってしまえば、いくらでも言い訳が利く状況ですから、18歳以上の相手であれば、援助交際は何も怖がることはありませんし、逮捕も何もされないから安心というわけです。

18歳以上ならやりたい放題

このように援助交際は相手が18歳未満であるか否かを事前に確認すれば、問題なく行える行為といえます。18歳以上の相手であれば、法律上は禁止行為ではあるものの、罰則がなく逮捕はされません。

このような状況ですから、不安がる必要はなく、デートをした相手へのプレゼントを贈るような感覚で援助交際を行えばいいということなのです。

未成年と援助交際をした場合のケース別違法性

前述までのことをより詳しく知りたいという方もいらっしゃいますよね。まず大前提にあるのは未成年との性行為やそれに類似したようなアクションを起こすと法律や条例によって処罰されるということ。

それにプラスして金銭の授受があるいわゆる援交とそういったものがないいわゆる「合意の上でのエッチ」でも同じ罪になるのかという点ですね。それぞれの違いはこのようになっているのです。

18歳未満の女の子とのお金のやりとりなしの性行為

援助交際を行おうとする場合、最も気をつけるべきことと言ってもよいのが18歳未満の異性を相手にしないということ。これを破ってしまうと、さまざまな処罰を受ける可能性が出てきます。

まず、18歳未満の児童と性行為を持つにしても、お金などの対価になるようなもののやり取りがない場合と、金銭の授受があった場合とでは、処罰の内容が違ってきます。

もしも金銭の授受がなかった場合には、自由恋愛として認められることになります。しかしながら日本では青少年保護育成条例というものが存在し、児童にあたる18歳未満がこれに該当することになります。

青少年保護育成条例の内容は、ざっくり言えば青少年に対しての淫行だったり性行為を教えたり見せたりするといったもろもろの行為は禁止というものです。

都道府県がそれぞれに独自の条例を設けているのが現状であり、したがって処罰の内容も都道府県によってまちまち。ただし基本的には2年以下の懲役刑か100万円以下罰金刑に処せられるようになっているところが多い状況になります。

18歳未満と知らなかったといえば処罰されない都道府県も存在します。実際に年齢を偽り、未成年であることを隠して援助交際を行っている女子もいますからね。

しかし東京都や奈良県などの一部のエリアでは知らないと言い訳をしても処罰が下されるようになっています。

18未満の女の子とお金のやりとりありの性行為

18歳未満の相手と性行為をした上、金銭も渡したとなれば、児童買春として5年以下の懲役刑か300万円以下の罰金刑に処せられることになります。

さまざまな処罰の中でも思い量刑となり、こちらの場合には、18歳未満であることを知らなかったという言い訳は全く通用せず処罰されますから覚えておきましょう。

援交目的で行為を持つと処罰が重くなる

ご覧のように金銭の授受があったかなかったかで随分と処罰の重さが違ってくることが分かりましたね。援助交際は最初から金銭の授受がありきの関係です。

そちらの方が処罰は重くなりますから、援助交際を持ちかける際には、やはり18歳未満であるかどうかを絶対に事前確認しておくべきといえるでしょう。

援助交際の流れと注意点

援助交際をしたいと思っても、一体どうやって行えばいいの?という疑問を抱いている男性は少なくありませんね。基本的に物事には流れというものがあります。援助交際を行いたい場合、その出会い方や実際にエッチに至るまでの流れはどんな感じなのでしょうか。

援助交際相手を探す

援助交際を行いたくても、相手がいなければ話は何も進みませんね。一番最初にやるべきことは、援助交際をしたいと思っている女性を見つけることが第一歩。

まさか若い子が集まる繁華街やクラブなどに繰り出し、ナンパをして直接援助交際を持ちかけるというわけにはいきませんね。他人の目が非常に多いですし、そもそも成功率は低いと言わざるを得ない方法ですね。

スタンダードな方法としては、無料の援交掲示板や出会い系サイトの有料掲示板などを利用することです。無料の掲示板の場合には、とにかく業者やサクラ・なりすましが多く利用料がかからないというだけで他にそれらしいメリットはありません。

出会い系サイトに設置してある有料掲示板の場合には、ピュアやアダルトといったカテゴリ分けの他にも、今すぐ会いたいといったものや、スグ会える人、条件付きや訳ありなどの細かなカテゴリがされており、援助交際を探している相手を見つけやすいという特徴がありますからオススメです。

実際に掲示板の書き込みにコメントをする

援助交際をしてくれる相手を募集といったような書き込みは、基本的にほとんどの出会い掲示板では「あからさま書き込みは禁止」とされているため、削除されてしまったり文字化けしてしまうケースがあります。

そもそもサイバー警察などに通報されてしまい、最悪のケースの場合には逮捕される可能性だって少なくありませんから良い方法とは言えないのです。

スタンダードな方法としては、援交を行いたい女性が隠語を使って掲示板で募集をしている書き込みに対してコメントをするという方法をとります。

前述にもある通り、援助交際や援助といった明瞭な誘い方や一万円などの具体的な金額を示すと文字化けしたり削除されたりしてしまいますから、隠語などを使って書き込みをしているのが一般的です。

援助交際目的の方は詮索されたりなど情報を知りたがるのを煙たがる傾向がありますから、待ち合わせ場所や金額などの条件面を詰め、年齢をしっかりと確認する程度にとどめておきましょう。

実際に会う際の注意点

援助交際目的の女性は、とにかく警戒心が高い傾向があります。情報を根掘り葉掘りと聞き出すと「やっぱり会うのは辞めた」となることも珍しくありません。

即アポが多いため実際のやり取りは「どこにいるの?」とか「どんな服装?」「どんな車?ナンバーは?」といったものが多くなります。

こういったものをしっかりと示すようにしましょう。歩きなどの場合には、周辺に怪しい男性がいないかどうかを待ち合わせ場所などから少し離れた場所で観察してから赴く。

他にも待ち合わせ場所をさほど遠くない場所に着いてから変えるといった方法を取ると美人局などの対策を取ることが出来ます。

絶対に行っておきたいのは年齢確認です。有料サイトの場合には、18歳未満の利用は出来ないようになっていますから滅多にありませんが、それでもすり抜ける方法は存在します。

あまりにも若く18歳未満にしか見えないという場合には、勿体ないなどと思わずにその場を立ち去ることも賢明な選択といえるでしょう。うっかり児童買春をしてしまわないための対策ですから、しっかりと行っておきましょう。

ホテルでの注意点

掲示板で相手を探し、条件面が折り合えばその日の内に待ち合わせ。待ち合わせ場所で相手を確認してOKならば、そのままホテルへ直行というのが流れになります。

ここまでで安心してはいけません。ホテルに入った後でも注意が必要です。まず気をつけて欲しいのは盗難。ベッドルームに荷持などを置き、しかも洋服もそこで脱ぎ捨ててシャワーに入ったとしましょう。

するとその間に財布など金品を抜かれてそのまま部屋を出ていかれる可能性も少なくありません。援助交際をする約束であったとしても、彼女たちにしてみれば、できれば身体を許すことなくお金が手に入ればおいしいわけですね。

ちょっとでも隙を見せてしまえば、こういったことは当たり前に起こり得ると考えましょう。実際に行われたとしてもどうやって警察に届出をするのか?という話。

まさか援助交際をしようとした相手に財布を盗まれたと盗難届を出すのでしょうか。それこそ売春防止法などで自らが危うくなるのが関の山です。こういった弱い立場を利用されるケースもありますから気をつけましょう。

逆に女性側は行為が終わった後のバックレ行為を心配しているので、できればセックス前にお金を支払うのがスマートです。援助交際の一般的な流れはご覧の通り。こういった流れを覚えておくことによって、少しでも違った感じになるのであれば、これはおかしいと警戒も出来ることでしょう。

援助交際のリスク(男性編)

援助交際を行いたいと思っても、正しい知識を身に着けていなければ、トラブルに巻き込まれてしまう可能性が高いと言えます。援助交際はしたいけれど、リスクは負いたくないと思うのは当然のことですね。さまざまなトラブルを避けるためには男性に降りかかる可能性がある援助交際のリスクを覚えておくべきでしょう。

18歳未満の女の子との援助交際

一番のトラブルといえば、やはり児童買春をしてしまい逮捕されてしまうことではないでしょうか。18歳という年齢を超えていれば、金銭を支払えば売春行為とみなされますが具体的に処罰をされることはありません。

しかし相手が18歳未満の場合には、児童買春の罪や金銭の授受がなかったとしても各都道府県で施行されている青少年保護育成条例違反に該当します。

18歳未満の相手を最初から狙っていて覚悟がある方であれば問題はないでしょうが、特にロリコンでもなく若い子であれば18歳未満にこだわらないという方ならそれが原因で逮捕されるのは馬鹿らしいとはいえないでしょうか。

18歳未満と知らなかった場合はどうなるのか?

18未満と知らなかった場合はどうなるのか?知らないと言い張ったとしても、金銭の授受があった時点で児童買春になってしまいます。問答無用で逮捕されてしまいますから注意が必要ですね。

逮捕は免れませんが、少しでも処罰を軽減したいのであれば、証拠となるようなメッセージのやり取りをし、残しておくべきでしょう。例えば「本当に18歳よりも上なんだよね?」というメッセージを入れ、相手が「イエス」とはっきり明記していればそれが証拠になりえます。

美人局にあう危険性もある

最後に美人局です。彼氏や旦那のフリをし性行為を行った後、もしくは行う前に二人きりでいる時に男性が現れ、難癖をつけてお金を要求してくる一連の行為を美人局と言います。

前述の未成年ケースを利用して、年齢確認を敢えて拒否させ行為を持たせた後に児童買春をしたということをネタに恐喝するようなケースも存在します。

通常の美人局の場合と違い、脅されている側にも公にしたくない状況にありますから、相手の言いなりになってしまうケースが多くなるわけです。

美人局対策としては、必要最低限の金額を財布に入れていくこと。そして免許証などの身分がバレる恐れのある持ち物は持っていかないこと。連絡ツールになるスマホや携帯にはパスワードロックを掛けて会いに行くこと。

早めに待ち合わせ場所に到着して、様子を伺ってから遅く合流するといったことを基本プランにしておくべきです。このように援助交際を行おうとした場合、男性に起こり得るリスクは存在します。しかしながら対策はいくらでも行えるわけですから、事前に覚えて対策を打っていきましょう。

援助交際のリスク(女性編)

男性もリスクがあるということは、援助交際を行う女性側にも当然にリスクを負う必要があります。援助交際のリスクというと美人局など男性側が被ってしまうリスクをイメージする方が多いですが、女性側にも多くのリスクが存在しているのです。援助交際を行った場合に生じる女性側のリスクとは?

冷やかしやドタキャンがある

まずは冷やかしやドタキャンなどをされるケースも多いということです。インターネット上で相手を探すため、匿名性が高くこういったことを行って暇つぶしをしている人も少なくありません。

援助交際を快く思っていないような人間も敢えてサイトを使って期待させ、ドタキャンをしてガッカリさせることを楽しむという悪趣味なアクションを起こすケースも少なくありません。

しかしながらインターネットを使って援助交際相手を探す以上は避けては通れないトラブルになります。

やりにげ・レイプ・脅迫など事件に巻き込まれる

次にやり逃げやレイプ、DVや脅迫といったハードなトラブルです。男性向けの体験談などでもやり逃げしてやっただとか、タダマンして逃げたなんて書き込みは非常に多く見られています。

もちろん創作ものも多いと思いますがこういったものを真に受けて自分もやってやろうとするような男性も少なくありません。手持ちがないからだとか、してからじゃないと払わないなどそれらしい理由をつけて後払いにしようとする相手には要注意。

中には援助交際をしている女の子をモノのように扱うような男性も存在しており、嫌がっているのに暴力的なプレイをしたりするケースもあります。

結果レイプやDV被害に遭ってしまう悲惨なケースになるわけですが、プロフィール写真が登録している男性に限るなど自分なりの基準を設けておけば十分に対処可能です。

ストーカ被害に合う

援助交際の場合には一般的な風俗業とは違い、リピーターを作ろうとは思わないものです。一度シタらお金を貰ってそこで終わり。そういったドライな関係だからこそやっていけるという考えの女の子が多いもの。

しかし男性は違っています。気に入れば何度も会いたい、シタいと思ってしまう粘着質な傾向が高いです。まして援交までして女の子としたいと思っている男性は非モテである傾向があり、妄想傾向があります。

結果、財布などを勝手に覗き、ストーカー行為に発展するケースも少なくありません。身分証など住所などが分かるものは持っていかないようにし、スマホなどはロックを掛けるようにしましょう。

援助交際を行う場合、女性側が被るリスクは完全に避けることは難しいといえます。相手選びは慎重にし、取れる対策はきっちりと取っていくようにすることで可能性を低く出来ますからしっかりとリスクヘッジしていくべきです。

援助交際の相場色々

ここまで援助交際における流れやリスクなどを見てきました。その中でも気になるのは、どのくらいの金額でエッチができるかということではないでしょうか。高級風俗店よりも高額な金銭を要求されるとなれば、プロにお願いした方が満足できる可能性が高いですからね。

また値段交渉であまりに相場よりも低い金額を提示した場合、鼻にもかけてもらえずいつまでも出来ませんから援交の相場は把握しておくべきでしょう。

年齢別の援助交際の相場

まず最初は年齢別の相場についてです。容姿やプロポーションなど女性の価値を図る指針はさまざまありますが、その一つに年齢が挙げられます。年齢によっても援助交際の相場は違ってくるのです。

JK 2万5000円~3万円
10代後半 2万5000円
20代前半 2万円~2万5000円
20代後半 1万5000円~2万円
30代以上 1万円~1万5000円

年齢別による援助交際の相場はこのような感じです。ただし年齢だけではなくこれにプラス容姿の要素によって値段が変動するということは把握しておきましょう。

プレイ別の援助交際の相場

次にプレイ別の援助交際の相場です。プレイと言ってもゴム有りのノーマルエッチか生のエッチかの2つ。しかしながら現在ではプチ援などと呼ばれるものや風俗店顔負けのプレイをウリにしている女の子も多くなっています。

ゴム有りノーマルエッチ 1万5000円から2万5000円
ゴムなしノーマルエッチ 2万5000円から3万5000円
プチ援(フェラ・手コキ) 3000円から5000円
中だし プラス5000円から1万円
SM プラス1万円から3万円
2回戦 プラス3000円から5000円
撮影 プラス5000円から2万円

プチ援以降は通常のプレイにプラスされる金額になります。ゴムなしノーマルエッチで中だしの場合には、3万円から最大で3万5000円のコストが掛かるということですね。

地域によっても相場は変わる

また援助交際を行うエリアによっても相場は変わってきます。東京や名古屋、大阪などの五大都市と呼ばれるようなエリアでは1万5000円から3万円と人口が多いことから個人差が大きいという特徴があるのです。

大都市以外と中核都市エリアであれば1万7000円から2万2000円という相場になり、田舎と呼ばれるようなエリアでは1万8000円から2万3000円となっています。

相場を把握すれば攻略のコツも分かる

もちろん個人差がありますが、援助交際の相場はこのようになっています。年齢、プレイ、エリアによって相場が変動します。

実は地方エリアにいけばいくほどに援助交際の相場は高くなる傾向があります。これは援助交際をしようとする人口が少ないためであり、他人の目が光っており、一瞬にして噂が広がってしまうというリスクがあるためなど納得できる理由があるものです。

相場を把握すれば、実際に援助目的の女性を落とすコツなどは簡単に掴め便利なので覚えておきたいですね。

出会い系サイトの掲示板書き込みがおすすめ

前述でも触れていますが、援助交際の相手を探したい場合スタンダードな方法としては出会い系サイトの掲示板に書き込むという方法になります。出会い系サイトの掲示板がなぜおすすめなのか。また実際に使う際の注意点などは存在するのでしょうか。

出会い系サイトの掲示板に書き込んでいる女性はほとんどが援助募集

出会い系サイトの掲示板が援助交際に適しているとされているのは、やはり援助交際目的の女性が多く書き込みをしているからです。出会い系サイトの多くは、掲示板をカテゴライズしています。

ピュアとアダルト。その上でアダルトの中でも即会いやアブノーマルなどのさまざまなカテゴリがあります。インターネット上にある無料掲示板の場合、有料サイトのように資金力がないため、あまり機能面では充実していない傾向があります。

このため援助交際を求めている女性にたどり着くまでに時間が掛かる傾向があるのですが、出会い系サイトの掲示板の場合にはそういった手間を省くことができます。

現在のようにほとんどの方がスマホなどを持っている時代では、以前までのように繁華街などに足を運びナンパ待ちをしたり逆ナンパをして援助交際を申し出るなんて方法は取らないもの。

また交際クラブなどでお客となる相手を見つけるという方法もありますが、一部の大都市でしか使えない方法ですから、一般的にはインターネットの掲示板を利用するのがスタンダードになっているわけです。

書き込みは直接的ではなく隠語が使われる

援助交際をインターネット上の掲示板で行うのは基本的に禁止です。ですから堂々と「援助交際相手募集してます」なんて文字を使っても文字化けをしてしまったり、書き込みそのものを削除されてしまいかねません。

また相手が未成年などの児童である場合には、誘っただけでも逮捕されてしまう恐れも出てきます。

そこで使っているのがネットスラングなどの隠語です。こういったものを使わないと援助交際を求めているということを異性のユーザーに知らせる事はできません。

逆にネットスラングを知らない男性ユーザーの場合、書いている内容がさっぱり分からず、どの女性ユーザーが援助交際を求めているのか判別することが出来ません。

中にはネットスラングで条件だけを書き、分かる人だけ返事してなんて書き込みをする女の子もいますから、援助交際をしたいと思っているなら男女共に絶対に覚えておくべきでしょう。

それではネットスラングや援助交際で使われることが多い隠語にはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

援助交際サイト掲示板で使われる隠語

それでは具体的に使われるネットスラングや隠語にはどのようなものがあるのかを紹介していきましょう。

全てを挙げていくとキリがありませんし、広く知られていた隠語は同じように削除対象などにされるため、日々進化していますが、スタンダードな援助交際募集で使われる隠語は以下になります。

援助交際の書き込みで使われる隠語一覧

掲示板をみると分かりますが、「割り切り希望です」なんて書き込みや、「誰かサポしてー」なんてもの。「ホ別イチゴでOKの人」など意味が分からないどころか、読み方さえ分からないという方は多いのではないでしょうか。

数を挙げていくとその種類が豊富すぎて紹介しきれないというのが現状です。ただし分かっていれば何とか援助交際までは持っていけるという隠語を紹介します。

割り切り 割り切って身体だけの関係を求めているという意味です。代わりに金銭をくださいと言っているのは言うまでもありません。
意味分かる人 前述の割り切りなどは援交を指すことが広く知られてしまったため、削除されてしまうことも出てきました。そこでより解釈が広いこの隠語で援助交際を募集している子が多くなっています。
条件付き この隠語も割り切りや援交といった具体的な言葉は使えないため生み出された隠語です。条件とはもちろんお金のことを指します。
今スグ会える人 出会い系では女性からの即アポの誘いはあり得ないためこの言葉=援助交際を求めていますという意味になります。掲示板のタイトルなどで最も多く使われている隠語。
プチ 本番行為なしのプチ援助交際のこと。フェラチオや手コキなどで射精させるのがスタンダード。同じような隠語で「ヌキのみ」というものも存在する。
茶飯 エッチな行為などは一切なく、飲食やカラオケといったいわゆる「デート」をしてあげる代わりにお金をくださいというスタイルの援助交際。
神待ち 宿泊場や飲食代、日用品などの支給やお小遣いなどを援助してくれる男性=神様を募集していることからこう呼ばれる。そもそもは対価を求めない男性が神と言われていましたが、女性が提供するお礼を求める男性がほとんどになっている。

隠語を覚えないと相手を見つけられない

まだまだ隠語はありますし、ここでは紹介していない1万5000円などを示す「イチゴ」「苺」などやホテル代別ゴム着を示す「ホ別ゴ有」などがありますが、分からないことがあれば検索すればあっという間に言っている意味が分かると思います。

人気の援助交際掲示板サイトをご紹介

援助交際の相手を見つけるためには出会い系サイトの掲示板を使うことがベストというのは前述までで把握できたとも思います。しかし星の数ほど多い出会い系サイトの掲示板の中で、どんなものを利用すればいいのでしょうか。

PCMAX|運営歴15年目の老舗優良出会い系サイト

PCMAX
PCMAX
会員数 1000万人以上
登録 男女無料登録
利用料金 女性:無料 男性:ポイント購入制
男女比 6:4
年齢層 20~30代(40代以降も増加中)
運営会社 株式会社マックス
何と言っても一番人気はPCMAX。入れ替わりが激しい出会い系サイトの中で、15年以上もの間運営を続けているという実績があり、累計会員数が業界でもトップクラスの1000万人を誇っているマッチングサイトになります。

まず会員数が多いということで普通に異性と巡り会えるチャンスは他サイトと比べ上なのがおすすめの理由。その上で有名女性誌や女性向けアダルト系雑誌など広告をさまざまなメディアに出しています。

これによって取り上げられることが多い神待ちや援交の情報と共にPCMAXの広告があるわけですから、それを選択するのは当然といえるのではないでしょうか。

こういったことから割り切りや援助交際などの大人の出会いの相手を探したいと思っている方にはPCMAXがおすすめといえるのです。

ミントC!Jメール|出会いを見つけるならココ♪

ミントC!Jメール
ミントC!Jメール
会員数 600万人以上
登録 男女無料登録
利用料金 女性:無料 男性:ポイント購入制
男女比 6:4
年齢層 20代~40代
運営会社 有限会社MIC総合企画
次におすすめするのはJメールです。Jメールは出会い系サイトの運用をスタートさせ30年以上の実績を誇る老舗サイトになります。累計会員数は600万人。

Jメールが援助交際に向いている理由としては、即アポ掲示板が存在している点。これはまさしく余計なやり取りは敬遠したい援交目的の男女のためにあるようなサービスです。

しかも業界内でも即アポ率が高く、1時間以内に2アポは最低限でも取れると評判になっています。他にも今すぐあそぼ掲示板には援助交際目的の女性のたまり場になっていると業界では常識的な知識として情報公開されています。

昼間であればOLさんや就活をしている大学生。セックスレスの人妻などの利用が多く、料金相場が低い女性が多いというのは有名な話です。

 

ワクワクメール|出会いを全力応援中

ワクワクメール
ワクワクメール
会員数 530万人以上
登録 男女無料登録
利用料金 女性:無料 男性:ポイント購入制
男女比 7:3
年齢層 20代~30代
運営会社 株式会社ワクワクコミュニケーションズ
出会い系サイト御三家と言われているほどのメジャーサイトがワクワクメールです。会員数は530万人もあり1日の登録者数は1600人前後と言われています。

一番の特徴がその巨大掲示板の存在です。1日の掲示板の書き込み件数は圧巻の2万件といわれており、1日のビュー数は1000万回という情報も提供されています。

掲示板に特徴がある出会い系サイトなわけですから、援助交際相手のスタンダードな方法になっている掲示板での相手探しに使用される可能性が高いのはこれまでにご覧になった通りです。

目的のマッチングがしやすいようにアダルトとピュアの2つに大きく大別されています。アダルト掲示板には7つのカテゴリがあり、その中で援助交際目的に使われていると有名なのは「すぐ会いたい」スレッドと「大人の恋人候補」の2つになります。

掲示板の閲覧には1ポイント掛かるものの、書き込みに関しては無料なのでなるべく安く相手を探したい方にはおすすめです。

 

ハッピーメール|日本最大級の出会い系サイト

ハッピーメール
ハッピーメール
会員数 1400万人以上
登録 男女無料登録
利用料金 女性:無料 男性:ポイント購入制
男女比 7:3
年齢層 20代~50代
運営会社 株式会社アイベック
援助交際目的の掲示板として最も利用者が多いと評判なのがハッピーメールの掲示板です。前述に紹介したワクワクメールとPCMAXとともに出会い系御三家と呼ばれる老舗サイトになります。

登録者数は1400万人と業界トップクラスを誇り、1日のログイン数も圧巻の80万人となっています。とにかく使われているサイトですから、すぐに援交したいと思っている男女にはもってこいのサイトといえますね。

アダルト掲示板はスレッドに関係なくどこでも援交目的の募集がされている状態。ライバルの多さからピュア系の掲示板でも援交の募集がされているような状況になっています。

まさしく援助交際の温床になっているようなサイトですから使い勝手は良いと言えるでしょう。なぜここまで援交目的の男女が集まっているのかといえば、とにかく料金が安いからでしょう。

掲示板の閲覧が1ポイント、メッセージ送信が5ポイントですから、メッセージのやり取りが極端に少ない援助交際の相手を見つけるなら、かかっても300円前後で目的を達成できます。

援助交際をしたいなら最低限の情報は把握しよう

援助交際に興味があり、したいと思っているなら逮捕されないための最低限の努力やリスクヘッジ。また出会いやすい掲示板がどこなのかなど必要最低限の情報収集をして、ポイントを押さえてアクションを起こすのがおすすめです。

サイトマップ